ニュース一覧

大阪日日新聞に掲載されました

image21

大阪日日新聞掲載されました

 大阪日日新聞  2004年11月15日 
 カノン (三坂麻夫)   気功療法師

技に生きる    
"気の力で”悩み解消    気功療法師

自発動功起こせる気功家として紹介されました。
気功とは「自身が持つ回復能力を発揮させるもの」 
気を送り込むと幹部が熱くなる不安神経症、うつ病
耳鳴り、術後の症候群、痛み予防、
・・・・・・・・・・長年の悩みが解消した人の言葉が一番
嬉しい。
以下が実際の新聞掲載されたものです



掲載全文
 食品会社の製造部門で働く傍ら、約20年前に気功と出会った。5、6年前から
「気の力が強く」なり社内の同僚が抱えていた腰痛や肩こりの悩みを解消。
「何とか気功の効力を役立てたい」。定年を前に脱サラを決意し、個人が
持つ自発的な機能改善に力を注ぐ。
 会社員時代は、HACCP専門講師や衛生工学衛生管理者などの食品関連の
資格も取得した。退職後の現在、食品機械メーカーの顧問や大阪販売士協会
(大阪商工会議所内)副理事長などを等を兼務.
そんな中、安定的な生活から独立の道を選んだ。
エステ&気功サロン「カノン」(大阪市中央区南船場)のオープンは昨年9月。

女性の後輩社員がエステを行う間、半年間の残務処理を終え、今年2月から 
気功療法を開始した。
 気功とは「自身が持つ回復能力を発揮させるもの」と説く。頭や肩、足などに
手を当てるか軽く触れ、気を送り込むと患部が熱くなる。不安神経症、うつ病、
耳鳴り、術後の症候群・・・。長年の悩みが解消した人からは、感謝の言葉が
多数寄せられている。
 施術中には、体内の神経細胞が活動して自然に体が動き、自力で機能を改善
する「自発動功」も起こるという。すべての人にでる動きではないが、「自発動功を
発現できる気功療法士はほとんどいない」と力を込める。
 「独立に悩みはなかった」と振り返る」一方で、「気功をもっと社会の人に知って
欲しい。暗いイメージを払しょくしたい」と強調。口コミに加えてホームページで情
報発信に努め、検索度数はトップクラス。気功とエステを同所で行うことで、相乗
効果も生まれている。
 「悩んでいる人がいたら何とかしたい。重症の方が治ったと言ってくれることが
喜びとなる。」気の力が源泉となり、常に全力投球を心掛ける。
カノンの連絡先は電話06(6944)0840。
                 以上が全文です

2016年10月03日